★タイの調味料★


ナンプラー (魚醤)
タイの調味料といえばこれ。魚を塩漬け・発酵・熟成させたもの。
日本人はくさくてダメという人も多いですよね。 タイ人はこれをご飯にかけて食べたりもします。
ナムマンホイ
オイスターソースのこと。チャーハンや炒め物の
隠し味等に使います。
中国のものより甘味が
あり、塩味が少ないのが
ポイントです。
シーユー・カオ
薄口醤油。
さらっとしていて
なじみやすい味ですが、
塩味が強いので炒め物などに少量使用。
シーユー・ダム
大豆を主原料に砂糖・香辛料を加えた濃度の高いソースのような醤油。
「シーユー・カオ」に比べるとトロッとして甘味が強いです。
タオチオ
日本の味噌よりもやや水分が多く粒の残った大豆を原料とするペースト。
シーズニング ソース
日本の醤油に似ていますが、甘味とこくと旨味が強く美味しいです。
目玉焼きやゆで卵にかけてもとっても美味しいですよ。
ナムプリック パオ
「チリ・イン・オイル」
にんにく・干しエビ・唐辛子等を含むペーストで油分が多く含まれています。辛み・酸味・甘味を出す隠し味です。
トムヤムクンや炒め物などに使用。
カピ
塩漬けにした小蝦の
ペースト。
加熱すると生臭みが香ばしさに変わるので、よく炒めてから他の材料を加えるといいでしょう。
日本の味噌売場のように山盛りにして計り売りしています。
プリック ポン
干しとうがらしの粉
ナムソム
生の輪切りのとうがらしを酢漬けにしたもの。
ナムチムガイ
甘味と酸味のきいたチリソースで、とうがらしの種が入っています。
揚げ物のたれとして使用。
 








SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO