■■クラビの寺院■■


タムスア寺院(タイガー洞窟)
50年前までは虎が生息していたことから今なおこの名前が受け継がれています(タム=洞窟 スア=虎)。
オレンジ色の布をまとったお坊さんや白い布をまとった尼さんが多いのはここが修行の寺だからでもあります。
1237段もある石の階段をのぼり終えると雄大な木々の群を見ることができますが、階段は高さ10センチメートルのものから30センチメートルの急傾斜のものもあり(どういう考えで作ったのでそしょうか?)上るには1時間以上もかかり(普通 の女性なら)相当疲れる割には・・・というかんじなのですが、時間と体力のある方は、ぜひ挑戦してみてください!
しかし!樹齢1000年の巨木があり、これはそんなに歩かなくても見ることができるので、ぜひ見てください。
野生のサルもたくさん生息しており、タイ人の憩いの場所でもあります。
寺院内の見取り図はこちら!
樹齢1000年の巨木
1237段もある石の階段
観音像
洞窟内の神様
お香の数々
笑うセールスマン!?
クロングトム寺院
この寺院美術館には古代の石・銅製品・硬貨・陶器・装飾品など多くのコレクションが展示されています。500年前の物とも言われています。
サイタイ寺院(涅槃仏寺)
侵食された大きな岩のくぼみに横たわった涅槃仏がいるこのお寺はひっそりとしています。
涅槃仏の右側奥に入っていくと、なぜだか「もぐろふくぞう(笑うセールスマン」のような格好の仏像があります。













SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO